占いコラム

コロナウイルスに効く音楽!?音楽を聴いてコロナに打ち勝とう!

coro_music_top

世界を震撼させているコロナウイルス。

そんなコロナウイルスに効くかもしれない!?音楽があるという情報を耳にしました。

何故効くと言われているのか?どんな音楽が効くのか?

当たる占い師編集部が調査してみました!

コロナウイルスに効く!?ってどういうこと?

flower-3041518_640

音楽には不安を取り除いたり、気持ちを前向きにさせたりと、ヒーリング的効果があるのはご存じですよね。

しかし今回ご紹介する音楽は、「気持ちを安定させる」ことを目的とした音楽ではなく、「ウイルスを死滅させる」ことを目的とした音楽なんです!

音楽でウイルス死滅?どういうこと?

と思われるかもしれません。

あまり知られていないかも知れませんが、世の中には音楽療法という治療法があります。

そしてその音楽療法でよく用いられる「ソルフェジオ周波数」というものが、今回ご紹介する音楽の要になっています。

 

ソルフェジオ周波数とは

5dc95fa1c4b8d1c5e545820c5e6bd9e7_s

ソルフェジオ周波数とは何か、調査してみました!

実は皆さんが聴いたことのある歌にも用いられていたんです!

ソルフェジオ周波数って何?

ソルフェジオ周波数とは、全部で9つの周波数からなる音階のこと。

174Hz、285Hz、396Hz、417Hz、528Hz、639Hz、741Hz、852Hz、963Hzの9種類になります。

癒しの音楽として知られている『グレゴリオ聖歌』にも用いられています。

キリストを信仰していない方でも、『グレゴリオ聖歌』を効くと心が癒されるなんてことがあるのではないでしょうか。

これも、ソルフェジオ周波数による効果なんですね。

ソルフェジオ周波数の効果

9つある周波数ですが、周波数ごとに体にもたらす効果が異なります。

※周波数の値や効果に関しては諸説あります。

174Hz 意識の拡大や進化の基礎となる。内面から働きかけ、心を安定させる。
285Hz 多次元領域からの意識の拡大と進化の促進。スピリチュアル性が高い。自然治癒力を促す。
396Hz 罪の意識・恐怖・不安・トラウマなどの気持ちを緩和させる。
417Hz 回復力を高める。ストレスからの解放。困難に立ち向かう力をくれる。
528Hz 傷ついたり壊れた細胞のDNAを修復すると言われている。「奇跡の周波数」
639Hz 他人へも優しくできるようになる。人間関係の向上が見込める。
741Hz コミュニケーション能力・表現力が向上とする。
852Hz 脳内の「松果体」を活性化し、直観力や洞察力を高める。
963Hz 高次元や宇宙と繋がり、脳を活性化させる。

それぞれの周波数に、上記の効果があると言われています。

今回ご紹介するコロナウイルスに効くかもしれない音楽は、「奇跡の周波数」と飛ばれる528Hzを用いた音楽です。

 

効果的な聴き方

morning-girl-2715280_640

騒音の少ない、リラックスできる環境下で聴くことが良いとされています。

タイミングはいつでも良いですが、「眠る前」「お風呂の中」「リモートワークの休憩中」など、リラックスできるタイミングが良いでしょう。

イヤホンやヘッドホンを使用しても良いのですが、

スピーカーから流し、ベッドやソファなどに体を広げ、全身に音楽を聴かせるといった状態がベストと言われています。

ただし!こちらも諸説ありますが、

脳を活性化させるほどの刺激があるため、長時間聴くことは逆効果になりえるとも言われています。

 

コロナウイルスに打ち勝て!おすすめ音楽

それではコロナウイルスに効く!?音楽を紹介していきます。

 

まとめ

上記で紹介した以外にも、ソルフェジオ周波数を用いた音楽は沢山あります。

周波数の組み合わせ次第で効果も変わってくるようなので、自身に合ったものを探してみてください。

もちろん音楽を効くだけでなく、手洗い・うがい・睡眠・食事もしっかり取りましょう!

不安な日々が続きますが、みんなでコロナウイルスに打ち勝ちましょう!

TOP